「安全な暮らしをつくる新しい公/私空間の構築」研究開発領域

多様化する嗜癖・嗜虐行動からの回復を支援するネットワーク

TOPICS

トピックス

2017年イベント紹介

第18回 DARS in 東京
「刑の一部執行猶予1年〜刑務所を選びますか? それとも、社会を選びますか?〜」
第18回 DARS in 東京「刑の一部執行猶予1年〜刑務所を選びますか? それとも、社会を選びますか?〜」過剰拘禁対策として提案され、刑務所(施設内処遇)と保護観察を繋ぐ新たな処遇システムとして注目された「刑の一部執行猶予」も、施行された一年。そろそろ、社会に戻ってくる人たちが出始めています。 当初、その実施には抵抗があるのではないかとも予想されたこの制度ですが、最高裁のまとめによると、2016年6月から2017年5月末までに一部執行猶予が言い渡された被告の罪名別の主な内訳は、覚せい剤取締法違反1442人、窃盗51人、大麻取締法違反34人、麻薬取締法違反7人(複数の罪を犯した場合は最も重い罪で集計)で、薬物事件が1490人、全体の93%を占めています。覚せい剤取締法違反で実刑判決を受ける被告人は、現在、年間約5800人ですから、同法違反で実刑判決を受けた人の約4分の1にこの制度が適用されたことになります。(『毎日新聞』2017年6月29日東京朝刊) わたしたちDARSは、これまで薬物依存者の回復支援者セミナーを開催し、18回目になります。今回は、施行1年の一部執行猶予制度の現状を知り、課題と未来を考えたいと思います。
【日 時】 2017年11月18日(土)13:00〜17:00 / 17:30~ 懇親会(別途有料)  
               19日(日)10:00〜15:00
【場 所】TKC東京本社2階研修室A・B・C 東京都新宿区揚場町2-1 軽子坂MNビル2F
     (アクセス)JR飯田橋駅より徒歩5分
      地下鉄有楽町線、東西線、南北線、大江戸線 飯田橋駅 B4b出口すぐ
【主 催】DARS(Drug Addicts Recovery Supports)
     科学技術振興機構(JST)「安全な暮らしをつくる新しい公/私空間の構築」
     社会技術研究開発(RISTEX)研究開発領域・戦略的想像研究推進事業
     「多様化する嗜癖・嗜虐行動をめぐるトランス・アドヴォカシー・ネットワークの構築とその理論化」
     (代表・石塚伸一)https://ata-net.jp
【後 援】龍谷大学矯正・保護総合センター刑事法未来PJ/株式会社TKC
【お問合せ先】
 担当:加藤 武士(NPO法人アパリ)0774-51-6597 E-mail:info@apari-west.org
 公式FBページ「DARS」 https://www.facebook.com/dars.japan
 第18回DARS申し込みサイト http://ptix.at/cFFwwV