「安全な暮らしをつくる新しい公/私空間の構築」研究開発領域

多様化する嗜癖・嗜虐行動からの回復を支援するネットワーク

TOPICS

トピックス

2018年イベント紹介・情報発信

第20回DARSバンクーバー調査報告会
2018年7月1日(日)13:30~17:30
場所:品川インターシティ 会議室5(東京都港区港南2-15-4 品川インターシティホール&貸会議室 B1F)
アクセス:http://sic-hall.com/access/
     http://sic-hall.com/pdf/map/accessn.pdf(印刷用)
参加申し込み:https://goo.gl/forms/FO2aWI3OyJ8fq2bp1
参加費:資料代1000円

2018年 5月、わたしたち「チームバンクーバー2018」は、「国際薬物政策研究協会 (International Society for Study on Drug Policy: ISSDP)」第12回大会に参加し、「日本の薬物政策」 について報告しました。 また、この機会を利用して、ドラッグ ・ コート(薬物専門裁判所)、Insite/Outsite(薬物注射施設)、Last Door(薬物依存回復施設)、VANDU(ドラッグユーザー組織)を訪問するとともに、サイモン ・ フレーザー大学とブリティッシュ・コロンビア大学の研究者と意見交換してきました。
今回は、7月に嗜好品大麻合法化法施行を控えたこの都市の薬物政策の最前線を紹介したいと思います。

主催︓DARS
   研究助成︓JST/RISTEX(社会技術研究開発事業)安全な暮らしをつくる新しい公/
   私空間の構築「多様化する嗜癖・嗜虐行動からの回復を支援するネットワークの構築」(ATA-net)
   研究代表・石塚 伸一(龍谷大学教授)、OSF(Open Society Foundations)
後援︓龍谷大学犯罪学研究センター/龍谷大学矯正保護・保護総合センター刑事司法未来プロジェクト
お問合せ︓NPO 法人アパリ ウエスト 木津川ダルク TEL︓0774-51-6597  E-mail︓info@apari-west.org
読売中高生新聞の人気企画「講義の鉄人」
「講義の鉄人」犯罪者を治療する!?「治療的司法」という考え方

2018年3月2日付 / 読売中高生新聞掲載
指宿 信 教授(成城大学)
性犯罪者数百人と面会して見えた「性暴力問題の本質」
2018年2月5日 / 現代ビジネス掲載
藤岡 淳子(大阪大学大学院教授・一般社団法人「もふもふネット」代表理事)
2018・第1回RCPGセミナー開催
「全ての関係者に絶対知って欲しいギャンブル依存問題の全体像」
2018年2月28日(水)14:00〜17:30
場所:TKPガーデンシティPREMIUM神保町
主催:一般社団法人RCPG
協力:認定NPO法人リカバリーサポート、ATA-net
第19回薬物依存回復支援者養成セミナー DARS in 京都・龍谷
2018年2月17日(土)13:00〜17:45 / 18日(日)9:30~15:30
場所:第1日目 龍谷大学深草学舎 紫光館4階 法廷教室
   第2日目 龍谷大学セミナーハウス ともいき荘